3月9日(土)と10日(日)はワンちゃん専用SL列車が登場!

3月31日(日)まで「ワンちゃん同伴入園」を実施中の虹の郷では、広い園内を散策したり、リードを外してワンちゃんを思いっきり遊ばせることができる「ワンちゃん広場」などがありますが、なんといっても目玉は園内を走る人気のロムニー鉄道にワンちゃんと一緒に乗ることができる「ワンちゃん専用客車」です。
通常は、一般のお客様とは別の決まった2つの客車に乗車いただいていますが、3月9日(土)と10日(日)の2日間は、特別にSLの2編成のうちの1編成がワンちゃんと自由に好きな客車を選んで利用することができます。普段は乗れないオープン客車にも乗れますよ。ただし、ワンちゃん優先ではありません。一般のお客様もご利用になりますので、ご注意下さい。

車窓を流れる素晴らしい眺めや機関車の蒸気音などを聞きながら、のんびりとカナダ村への小旅行を楽しむことができます。9日(土)以降の毎週土日は、SL2輌の特別運行も実施中!
もちろんワンちゃんは入園料、鉄道乗車料ともに無料です。         ※人の乗車料は有料・片道400円です。                  ※雨天時は、ディーゼル機関車の1編成運行に変更させていただき、ワンちゃん 専用列車の運行は中止となります。あらかじめご了承ください。

ロムニー鉄道『SL特別運行』

虹の郷の園内を走る人気の「ロムニー鉄道」。

その中でも蒸気機関車、もちろん英国製の「ノーザン・ロックⅡ号」と「カンブリア号」は、蒸気を出して走るその迫力ある姿で特に人気がありますが、この蒸気機関車が3月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)の8日間、2輌編成で登場します。

普段は絶対に見られない一日中、SLのみの運行です。もちろん「カンブリア号」と「ノーザン・ロックⅡ号」どちらでも好きな車輌に乗ることができますし、 両方好きな方も大丈夫ですよね。また、SL同士がすれ違うレアな写真も撮影できちゃうというまたとないチャンスです!

自分がSLに乗っているのに、向こうからもSLが走って来る。そんな虹の郷では、今までなかった体験ができちゃいます。

乗車料金:片道大人400円、子供200円(4歳~小学6年生)         ※SL2編成のダイヤは下にあります。ご確認下さい。           ※雨天時は中止です。

また3月9日(土)と10日(日)の2日間はワンちゃん専用列車も登場!    ワンちゃんは、通常は一般のお客様とは別に決まった2つの客車に乗ってもらっていますが、この2日間は、SLの2編成のうちの1編成がワンちゃん専用になります。と、いうことは専用列車では好きな客車にワンちゃんと一緒に乗ることができるということなんです。普段は乗れないオープン客車にも乗れますよ。ぜひ、この機会にご乗車下さい!

SL2編成のダイヤはこちらです。                                                                         3月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)

 

園内の最新開花情報【3月1日】

今日から3月ですね。今日は、あいにくの雨ですが、一雨ごとに暖かくなる。・・・そんな言葉がぴったりの気候です。

それでは、園内の開花情報をお知らせします。

フェアリーガーデンではクリスマスローズか咲いています。開花中の種類や花数が日をだんだんと増えてきました。

プリンセス・ローズ・ハウスでカエンボクが開花中です。今年は花数が多く、まだたくさんの花が付いています。

四季街道沿いのカワズザクラが咲いています。カンヒザクラの蕾もだいぶ膨らんで開花しているものもあります。

日本庭園では紅白の梅が、匠の村では枝垂れ梅が開花中です。

その他の花としては、プリンセス・ローズ・ハウスでブーゲンビリアが、バラ、ハゴロモジャスミンが、フェアリーガーデンで黄ズイセンが咲いています。

 

 

レアな?鉄道グッズを販売!

カナダ村にあるベーカー・ストリート・ブティックでは、今、虹の郷のロムニー鉄道で実際に使用されていた機関車の部品や、英国鉄道のアンティークな部品など、ちょっとレアな鉄道グッズを販売しています。

たとえば、虹の郷で使用していた踏切用の信号灯やカンブリア号、ジョン・サウスランドⅡ号のブレーキレバーなど。

そして、英国製の蒸気圧力計やブレーキハンドル、SLデザイン画集などの英国鉄道の古書籍、アンティーク切符コレクション、英国鉄道名盤(レプリカ)などなど。

実際に使用されていた機関車の部品だったり、英国鉄道のアンティークグッズなので、ほとんどの商品が1点ものです。なくなり次第終了ですので、ぜひこの機会にベーカー・ストリート・ブティックにお立ち寄りください。

約500本・早咲きの桜『カンヒザクラ』

虹の郷のイギリス村からカナダ村へと続く園路沿いにあるカンヒ谷の「カンヒザクラ」が開花し始めました。

このカンヒ谷は雑木林だった土地を伐採整備し、1ヘクタールの丘陵地に樹高5メートル前後のカンヒザクラを500本植栽したものです。

カンヒザクラの原産地は中国で、本来は亜熱帯の桜ですが、比較的寒さにも強く、虹の郷では、ほかの桜に先駆けて3月上旬から中旬にかけて開花し、小輪の色鮮やかな濃いピンクの花を釣鐘のように下向きに咲かせます。

植栽されてから今年で5年目を迎え、木も徐々に大きくなり、花数も年を追うごとにかなり増えて来ました。

園内の桜のなかで、春の訪れとともに一足早く咲く「カンヒザクラ」は濃いピンク色の花びらが青空とのコントラストに映え、虹の郷に本格的な春の到来を告げる風物詩となっています。

見頃:3月上旬~中旬                          ※画像は昨年以前のものです。