園内でフキノトウが芽吹き始めました。

虹の郷の園内で、春の足音を感じるフキノトウが落ち葉の下から顔を覗かせています。
フキは、日本原産のキク科の多年草で、このあたりでは例年ですと、3月~5月頃に開花します。
開花前のつぼみの状態のものや開花後の花の部分がフキノトウと呼ばれ、一般的に採取され、食されています。
今年は、やはり暖冬のせいか地中から顔を出すのが、昨年に比べ1週間ほど早かったです。春がもうすぐそこまで来ていることを教えてくれる可愛い姿ですね。